Requires a javascript capable browser.
浜松店
0120-34-3811 ガイソーについて ガイソーのこだわり 店舗を探す メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品 お客様の声 お問い合わせ ボランタリーチェーン加盟店募集
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > モルタル壁って一体何のこと?どういう種類があるの?
ブログ
モルタル壁って一体何のこと?どういう種類があるの?
2021年08月17日
 
こんにちは!スタッフの田中です。

本日は「モルタル壁」についてのご紹介です!
外壁塗装を考えられている方は「モルタル」という言葉を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。


モルタル壁とは、ラス網(金網)等の上からモルタル(水、砂、セメントを混ぜたもの)を左官コテで塗り付けて、その後塗装して仕上げるのが一般的なケースです。
モルタル壁は1980年代までの日本の一般住宅の外壁に多く使われ、築25年以上の一般建造物に多く見られます。


モルタルとコンクリートの違い

コンクリートは鉄筋コンクリートの壁材や土間打ちなどに主に使われます。
一般的には、セメント:砂:砂利=1:3:6の割合の必要量を練りこんで使用します。
カーポート下の土間など、さらに強度が必要なコンクリートを作りたい場合は、セメント:砂:砂利=1:2:4の割合に強度を増やします。

モルタルはコンクリートと違い、砂利を入れないで セメント:砂=1:3の割合の必要量を練りこんで使用します。モルタルはコンクリートと違い強度はありませんが、安価であることと、薄く仕上げる(約20mm)ことができ、付着力が強いので、木造住宅の外壁などで多く使用された時期がありました。
今でも床やベランダ、レンガの目地、セメント瓦、タイルの下地・接着剤にも使われます。

セメントのみを水で練ったものは「ノロ」といいます。あまり強度はありませんが、きめが細かいのが特徴でタイルの目地やモルタルのひび割れの補修などに使います。






ここまで、モルタル壁についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

次回は仕上げの種類についてご紹介します♪

*************************

鴨川塗装は、浜松市で創業60年の外壁塗装・屋根工事・リフォーム専門店です。

外壁塗装、防水工事、キッチンリフォーム、トイレリフォーム、洗面リフォーム、お風呂リフォームなど水廻りリフォームからクロス貼り替え、フローリング貼り替えなどLDKの改装。

雨漏り対応、屋根塗装、屋根工事、瓦工事、樋交換、玄関リフォーム、板金工事、左官工事、除菌作業などお家のお困りごとならなんでもお請けさせていただいております。お困りの方はぜひ、ご相談ください!

*************************
メール相談 まずは相談という方はコチラ! お気軽にお問い合わせください!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!